ミュゼ グラン鹿児島店

ミュゼ グラン鹿児島店

住所

鹿児島県鹿児島市中央町10 キャンセビル6F

店舗情報

アクセス JR各線 鹿児島中央駅から徒歩5分
営業時間 10:00~20:00
支払方法 クレジットカード利用OK。分割支払OK。
駐車場 なし

>>>詳細はこちら

店舗の情報は随時更新していますが、変更になっている可能性もありますので、公式サイトでご確認ください。

脱毛サロンに通ったからって…

脱毛サロンに通ったからって、すぐ効果が出るわけではありないのです。

毛には「毛周期」と言われている、毛が生え変わる決まった周期があります。

これに合わせて脱毛をしないと、完全にムダ毛無しにはならないのです。

と言うことは、一回の脱毛でずっと毛が生えてこなくなることはなく、短くても3カ月以上はかかってしまいます。

脱毛サロンをやってもらったとき、たまに火傷することもあると言うことがあるようです。

よく聴くミュゼの光脱毛は、黒い色素により反応するようになっており、日焼けが目たつところや濃いシミのあるところは火傷する可能性もあるのです。

日焼けやシミの濃い部分は控えて行ないますが、なるべく日焼けしないよう気を付ける必要があります。

脱毛クリニックにて、永久的に毛が生えてこない施述を受けてきました。

3年前から一年間かけて、今後はもう脱毛せず済むようになりました。

キャンペーン期間だったので、金額は10万円くらいでした。

初めの予定だと、脱毛は背中だけのつもりでいましたが、価格が7万円程だった為、それならば全身脱毛を選んだ方がお得だと思ったので、選択しました。

お肌を触るとスベスベで満足です。

脱毛サロン、それは脱毛に限定された脱毛オンリーのエステサロンのことをいいます。

脱毛限定で施術するので、施術スタッフの能力が伸びやすくなります。

また、痩せたい人むけのコースやお肌やフェイスラインのケアなど、さらなるコースを勧められる、といったケースも生じないのです。

ここ数年の間に、低い料金設定に移行してきたこともあり、脱毛サロンに依頼する女性が増加傾向にあります。

これまでの脱毛は、「ニードル法」といわれる針で毛穴を刺激するものなど、痛みを伴う方法が多くありました。

しかし、最近の脱毛サロンで使われているのは、「フラッシュ脱毛」といわれる方法です。

人によって違いがありますが、フラッシュ脱毛なら少々ちくっとする感じで、それほど痛みを感じずにすみます。

もっとも、Vラインなどの毛が濃い部分は少しその痛みが強くなります。

光を当てるタイプの脱毛器の場合、カートリッジがいるのが一般的になります。

カートリッジは消耗品なので、何回使えるのかは商品によって差異があります。

維持費を低くするためには、脱毛器の購入に際してカートリッジの照射回数が多い商品を選ぶことが大切なのです。

脱毛サロンでの脱毛プロセスは即効性が高くなく、素早い効き目を期待をしていると、少し当てが外れるでしょう。

というのも、脱毛サロンで使われている脱毛機器は一般的に脱毛クリニックの機器よりも効果が小さいためで、効いてくるまでのスピードも劣ります。

あまり時間をかけたくない人は、脱毛サロンへ通うよりも脱毛クリニックに通うべきでしょう。

料金は大抵の場合クリニックの方が高いのですが、施術を受ける回数は少なくなるでしょう。

脱毛を自分でおこなえば、脱毛はいつでもおこなえるので、気軽です。

剃刀を使うのはよくある方法ですが、皮膚を痛めなくとも楽に処理することが可能な他の方法として、脱毛剤という手段もあります。

技術の進展により脱毛にも、種類も豊富に販売されている脱毛剤には、毛を溶かすものや、毛根から抜き取るものもあります。

脱毛ラボの店舗はすべて駅から歩いてすぐの距離ですので、職場から帰る途中やショッピングがてらふらっと寄る事が出来ます。

脱毛サロンという言葉からは勧誘がしつこい印象がありますが、脱毛ラボではしつこい勧誘をしないよう指導していますので気楽に通う事が出来ます。

もしも納得いかなければ全額返金のサービスがあるほど脱毛サロンとして効果には自信を持っています。

電気かみそりでムダ毛脱毛を行なうのは、お肌の負担が軽く、脱毛方法の中でも良い方法です。

しかし、肌の表面上の無駄毛しか始末できないので、すぐさま伸びて来てしまい、間隔の短い処置が必要になります。

また、全然お肌に刺激がないわけではないので、お肌が刺激に弱い人は異なる方法でムダ毛の処理をしてちょうだい。

出産(お産が軽いか重いかには個人差があり、親子や姉妹でも異なります)がきっかけになり、就園就学前の小さいお子さんを連れてサロンに通いたいと思うようになったという女性もいるのですが、小さいコドモを連れて利用できる脱毛サロンは珍しいのです。

施術は当たり前ですがカウンセリング(独身の頃は指が細かったのに、結婚してしばらくしたら太って抜けなくなる・・・なんてこともあったりしますね)さえもコドモを連れては「お断り」というおみせもあるのです。

しかしながら大手を避けて中小規模のおみせを捜してみると、子連れOKのところもありますし、大型商業施設内にテナントとして入っているサロンなどでしたら、施設の託児スペースを利用できるので便利です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ